宅配ドライバー求人の応募時の注意点

宅配ドライバーの仕事の注意点について

宅配ドライバーの仕事に応募する前に、いくつか注意点があるのでしっかり確認しておきましょう。例えば軽貨物ドライバーなどは、委託業務の場合仕事をするのに経費がかかるという点です。まずは車両管理に係る経費は、持ち出しになります。保険、車検、ガソリン代、車両メンテナンスに係る諸経費などが想定されます。運送会社から車両をリースできる場合もあるので、応募前に条件的な面は確認しておきましょう。

また個人事業主として仕事をする場合は、当然ですが確定申告が必要になります。収入や費用に係る帳簿をつけたり、レシートや領収書などをとっておく必要もでてきます。審査の結果税金を追加で払う必要も出てきますので、そのあたりも考慮して仕事を始めることが大事です。

自分にできる仕事かどうか確認しましょう

応募の際、意外と見落としがちなのが、募集要項や条件の面です。例えば大型トラックの募集なのに、普通免許しかない人が応募しても選考対象外になってしまいます。募集を見る時は、勤務時間や月給など気になるところに意識が向きがちです。落ち着いて募集内容を把握しましょう。収入の面でいえば、一般的に長距離配送であったり、大型車両を使用した配送の仕事は高収入が見込めます。宅配ドライバーは、主に決まった地域内を、普通車や軽車両を使用して仕事をすることが多いです。そのため仕事とプライベートの時間を両立しやすい側面もあります。また本当に両立できるのか、拘束時間などは残業も含め事前の確認が大事と言えます。同時に年間休日日数のチェックも、忘れずしておきましょう。

求人募集サイトに「運転手の求人」と掲載されていた場合、役員付運転手や送迎などの仕事が多く、運転以外の業務を兼務するものもあります。