宅配ドライバーの求人のチェックポイント

一日の業務のノルマがあるか調べておこう

宅配ドライバーの仕事は、求人の数が多く初めての人も業務を覚えやすいことから、運送業界に興味がある求職者の間で人気が集まっています。そうした中、宅配ドライバーの求人選びをする際は、一日の業務のノルマがあるか調べて無理なく働けるかどうか判断をすることが大切です。たとえば、顧客数が多いエリアで宅配ドライバーとして働く場合には、ノルマによって労働時間や残業時間が長くなったり、お盆休みや年末年始に休みが取れなくなったりすることもあります。また、営業所に在籍するドライバーの人数が少ない場合は、一日に配達する荷物の量が多くなる傾向があるため、採用面接のときにノルマの有無や、一日の平均的な荷物の量について質問をするのも良いでしょう。

仕事で使うトラックの種類について確認をしておこう

宅配ドライバーの仕事で使用するトラックの種類については、勤務先の事業規模や荷物の量、顧客の数などに大きく左右されます。そのため、特に大型の車両を運転したことがない人や、運転があまり得意でない人は、小型トラックで仕事ができる会社を就職先の候補に入れるのがおすすめです。地域密着型の運送会社や物流会社の中には、それぞれのドライバーが保有する免許の種類や過去のキャリアに応じて仕事を任せているところも少なくありません。また、運転免許を持っていない社員のために、会社負担で教習を受けられる制度がある会社もあるため、宅配ドライバーの仕事をしたことがない人は、時間を掛けて働きやすい会社の特徴について把握をすることが重要です。

運送業の求人は未経験者を歓迎している求人も多く存在するので、応募は可能です。入社後に業務に必要な資格の取得を会社で支援するという企業の求人も見られます。