送迎ドライバー求人の注意点

誰が対象なのかをチェックする

送迎ドライバーの求人を探している人が注意すべきポイントが、送迎の相手をチェックすることです。送迎する相手が誰なのかによって、送迎の仕事を行う時間帯やルートが変わってきます。例えば幼稚園や保育園の送迎バスを運転する場合であれば、朝や夕方に送迎バスを運転することが多いでしょう。大学の送迎バスを運転する場合はシフト制で運転の時間帯が決まることが多いです。大学の場合は送迎のルートが決まっているので、何度も運転しているうちに送迎の仕事に慣れていきます。夜の仕事がメインとなっている人を送迎する場合は、送迎ドライバーの仕事も夜が中心です。夜と早朝に運転することが多くなるので、日中にしっかり睡眠を取るのが重要になります。このように誰を送迎するかで働き方が変わるので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

免許の有無も注意点となる

送迎ドライバーの中でもタクシーやバスといった旅客を乗せて車を運転するタイプの仕事では、第二種の自動車運転免許の資格を保有している必要があります。そのためタクシードライバーやバスドライバーになりたいという人の中で第二種の自動車運転免許を取得していない人は、まず資格の取得が最優先になるというのが注意点です。第二種の自動車運転免許を取得しなくても送迎の仕事ができるというケースもあります。それは送迎を必要としている施設から直接雇用されるパターンです。例えば老人ホームでの送迎ドライバーの仕事では第二種の自動車運転免許を求められないケースもあるでしょう。第二種の自動車運転免許を求められないケースでは乗用車を使った送迎が中心になる可能性が高いと言えます。

コロナ禍での急激なネットショップ利用者の増加により、危機的な宅配ドライバー不足です。高齢ドライバーも短期希望もドライバーの派遣で仕事を見つけることが出来ます。